現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

投稿者アーカイブの文字列を変更するプラグイン「Edit Author Slug」の使い方

Edit Author Slug

WordPress で構築されたデフォルト状態のサイトの URL の末尾に「/?author=1」を追加すると、ユーザー名を含む URL が表示されてしまい、セキュリティ上とても危険な状態です。

「Edit Author Slug」というプラグインを使えば、簡単な設定のみで、ユーザー名を漏洩しない仕様に変更することができます。

ここでは「Edit Author Slug」の使い方について解説します。

目次

Edit Author Slug の使い方

Edit Author Slug をインストールする

まず最初に、「Edit Author Slug」をインストールしましょう。

WordPress のダッシュボードの プラグイン > ① 新規追加 をクリックします。

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

次に、下の画像 ② の プラグインの検索 に「プラグイン名」を入力して検索します。

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

プラグインの名前が少しでも間違っていると、検索結果に表示されなかったり、他のプラグインが表示されたりすることがありますので、こちらの文字 →「Edit Author Slug」をコピー&ペーストして検索することをお勧めします。

③ の検索結果に表示されたプラグインが合っているか確認の上、④ の 今すぐインストール をクリックします。

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

⑤ の 有効化 をクリックしたら、「Edit Author Slug」のインストールは完了です。

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード
WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

Edit Author Slug の設定を行う

次に、「Edit Author Slug」の設定を行います。

WordPress のダッシュボードの ユーザープロフィール を開き、投稿者スラッグ を変更します。

上から二番目の「1」を選択するか・・・

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

一番下の「カスタム設定」を選択して、任意の文字列を指定すると良いでしょう。ここでは、例として「writer」と入力しました。

WordPressのダッシュボード画面
WordPress のダッシュボード

投稿者アーカイブのURLの確認

最後に、投稿者アーカイブの URL が変更されているか確認してみましょう。

トップページの URL の後ろに「/?author=1」という文字列を追加してエンターを押すと、自動的に「投稿者アーカイブ」のページに切り替わります。

先ほどまで、 下の画像のように末尾に「ユーザー名(デモサイトでは「demoys-01」)」が表示されてしまいましたが・・・

投稿者アーカイブのページ
投稿者アーカイブのページ

下の画像のように、「1」もしくは「writer」に変わっていることを確認することができました。

投稿者アーカイブのページ
投稿者アーカイブのページ
投稿者アーカイブのページ
投稿者アーカイブのページ

これで、「Edit Author Slug」プラグインの設定は完了です。お疲れ様でした!

次は、「 WordPressをインストールした後に行う初期設定」に進みます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる