現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

Google Search Consoleでのプロパティの追加と所有権の確認方法

サーチコンソール(Google Search Console、旧:ウェブマスターツール)とは Google が無料で提供しているツールで、検索エンジンから見た自サイトの情報が得られる SEO には欠かせないサービスです。

そんな『Google Seach Console』ですが、2019年に新しくなりました。

こちらでは新しくなったサーチコンソールで、プロパティの追加と所有権の確認を行う方法について説明します。

エックスサーバーでサーバー契約していることを前提に説明を進めます。

『wpX Speed』でDNSレコードから所有権を確認する方法については、こちらの記事をどうぞ。

目次

プロパティを追加する方法

STEP
Google Search Console の公式ページにアクセスする

Google アカウントにログインしてから、Google Search Console の公式ページにアクセスします。

Google Search Console

今すぐ開始』をクリックします。

STEP
プロパティを追加する

プロパティを追加』の右にある マークをクリックします。

Google Search Console

表示された『+ プロパティを追加』をクリックします。

Google Search Console
STEP
プロパティタイプを選択する

2019年に『Google Search Console』が新しくなり、プロパティタイプに『ドメイン プロパティ』の機能が加わりました。

Google Search Console

ここでは、その『ドメイン プロパティ』と従来型の『URL プレフィックス プロパティ』のどちらかを選択しないとならないのですが、まずは両者の機能の違いについて簡単に説明します。

ドメインプロパティ

ドメイン プロパティ』は、http、https、wwwあり、wwwなし、サブドメインといった複数のドメインを、1つのプロパティとして取り扱います。

ですので、複数のドメインに関するデータや Google からの通知を、1つの Google Search Console プロパティで確認することができます。

URL プレフィックス プロパティ

URL プレフィックス プロパティ』では、従来のプロパティと同様、http、https、wwwあり、wwwなし、サブドメインといった複数のドメインのデータを、それぞれ別のプロパティで管理することができます。

で、結局どちらを選択すれば良いのかということですが、Google のウェブマスター向け公式ブログには・・・

今後は可能な限りドメイン プロパティを使用することをおすすめします。

『Search Console の新機能ドメイン プロパティをご紹介します』ウェブマスター向け公式ブログ, 2019年3月20日

と記載されているので、初心者さんは『ドメイン プロパティ』を選択しておけば間違いないでしょう。

ただし、『ドメイン プロパティ』を選択する場合は、DNSの確認が必要となります。私も愛用しているエックスサーバーでは、簡単にDNSの確認をすることができます。

DNSの確認ができない方は、従来通りの『URLプレフィックス プロパティ』を選択します。

逆に、『URL プレフィックス プロパティ』を利用した方が良いのは、サブドメインやディレクトリで異なる内容のサイトを運用しているケースです。

こちらでは、『ドメイン プロパティ』を選択した場合について説明を続けます。

Google Search Console

赤枠内に、ドメインを入力します。http や https 、/ などは含まず、『〇〇〇〇〇〇.com』の部分だけを入力します。

入力したら『続行』をクリックします。

所有権を確認する方法

ドメイン(URL)の所有権が自分であることを証明するために、DNSレコードから確認を行います。

STEP
TXTレコードをコピーする
Google Search Console

上の画像の『TXTレコード』をコピーしておきます。(赤枠で囲んだコピーという文字をクリックすると簡単です。)

こちらの画面はあとで使いますので、閉じずに残しておいてください。

今回は、私も愛用しているレンタルサーバーの「エックスサーバー」を使ってドメインの所有権を確認する方法をご紹介しますが、他のサーバーでも同様だと思われますので、ぜひ参考になさって下さい。

STEP
エックスサーバーのサーバーパネルにログインする

まず、エックスサーバーの サーバーパネル にログインします。

エックスサーバーのサーバーパネル

ログイン情報は、サーバー申し込み時に届いたメール『サーバーアカウント設定完了のお知らせ [試用期間] 』に記載されているサーバーアカウント情報をご確認ください。

サーバーアカウント情報
STEP
『DNSレコード設定』をクリックする
エックスサーバーのサーバーパネル
STEP
DNSレコードを設定するドメインを選択する
エックスサーバーのサーバーパネル
STEP
『DNSレコード追加』タブをクリックする
DNSレコード設定
STEP
DNSレコードを編集する
DNSレコード設定
ホスト名空欄のままで OK
種別『TXT』を選択
内容先ほどコピーした『TXTレコード』を貼り付ける
優先度0 のままで OK

入力が終わったら、『確認画面へ進む』をクリックします。設定内容に問題がなければ『追加する』をクリックします。

下の画像()のように表示されたら、DNSレコードの設定は完了です。

DNSレコード設定
STEP
Google Search Console の画面に戻る

再び Google Search Console の画面に戻り、下の画像の赤枠で囲んだ『確認』をクリックします。

Google Search Console

DNS設定が正しく行われていれば、下の画像()のように『所有権を確認しました』と表示されます。

Google Search Console

以上が、新しくなった『Google Search Console』で、プロパティの追加と所有権の確認を行う方法です。

お疲れ様でした!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる