現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

Local by Flywheel を使って、ローカル環境を構築してみよう

『Local by Flywheel』は、簡単に WordPress のローカル環境を構築できるとても便利なツールです。ここでは、そのインストール方法と使い方についてご紹介します。

レンタルサーバーは、エックスサーバーで契約していることを前提に説明を進めます。

『Local by Flywheel』をダウンロードする

まずは、Local by Flywheel からインストールファイルをダウンロードしましょう。

1. 画像左下の『FREE DOWNLOAD!』ボタンをクリックする

local by flywheel

2. OS環境を選択、メールアドレスを入力し『GET IT NOW!』をクリックする

local by flywheel

3. ダウンロードが開始される

local by flywheel

ダウンロードが始まらない場合は、赤枠で囲んだ『click here』をクリックします。

『Local by Flywheel』をインストールする

私の OS は Mac なので、『local-by-flywheel-3-2-1-mac.dmg』というDMGファイルがダウンロードされました。

それをダブルクリックすると、次のように( )表示されます。

local by flywheel

『Local by Flywheel.app』をドラッグして、『Applications』のフォルダに移動させます。これで、インストールは終了です。

ローカル環境を作成する

次に、ローカル環境を作成していきましょう。

1.『 + CREATE A NEW SITE 』をクリックする

local by flywheel

2. サイト名を入力し、『CONTINUE』をクリックする

local by flywheel

3. ローカル環境を選ぶ

Preferred』か『Custom』かを選択します。私はカスタマイズしやすい『Custom』を使っているので、そちらで説明していきます。

クリックすると拡大します。
local by flywheel

PHPのバージョン と ③ MySQLのバージョン は、下記の Xserver のホームページから確認できます。

[su_note note_color=”#f7fafa”]

[/su_note]

② の Webサーバー は、sv2001.xserver.jp 以降であれば『nginx』を選択してください。

設定が終わったら、『CONTINUE』をクリックします。

4. WordPress のログイン情報を入力する

local by flywheel

ユーザーネーム、② パスワード、③ メールアドレス を入力します。本番環境で使用する情報を入力しておけば、後で変更する必要がありません。

入力が済んだら『ADD SITE』をクリックします。

少しすると次のように( )表示されるので、PCのパスワードを入力して『OK』をクリックして下さい。

local by flywheel

5. ドメインを変更する

次はドメインを変更しましょう。

クリックすると拡大します。
local by flywheel

初期設定では『サイト名.local』となっていますが、『Site Domain』の『CHANGE』をクリックして、本番環境と同じになるように変更します。

[su_box title=”注意!!” box_color=”#333333″ title_color=”#ffffff”]

既存サイトのお引越しをお考えの方は、本番環境とは違うドメイン名にしておいて下さい。

hostsファイルが書き換えられる為、ドメイン名が同じ場合、あなたのPCからだと強制的にローカルサイトが表示されてしまいます。

ですので、本番環境にアップする直線に『Local by Flywheel』のドメイン名を、本番環境と同じものに変更することをお勧めします。

[/su_box]

 

ドメイン名を入力し『CHANGE DOMAIN』をクリックします。

local by flywheel

これで、ローカル環境に WordPress のデータが作成されました。

サイトを表示させてみよう

1.『VIEW SITE』をクリックする

local by flywheel

 

このように表示されれば、成功です。

local by flywheel

2. WordPress の管理画面に入る

ADMIN』をクリックします。

local by flywheel

 

先ほど設定したユーザーネームまたはメールアドレスパスワードを入力します。

local by flywheel

管理画面が英語表記になっているので、SettingsGeneralSite Language で日本語に設定してください。

あとは WordPress サイトを構築していきましょう。

ローカルサイトを一時的に外部に公開する機能を使ってみよう

Local by Flywheelには『Live Link』という機能があり、ローカルサイトを一時的に外部に公開することができます。

まずは、赤枠で囲んだ『ENABLE』をクリックしてみてください。

local by flywheel

 

すると、下の画像のように『Live Link』の右側に緑の文字で URL が表示されます。それをクリックすることにより、サイトを表示させることができます。

local by flywheel

公開を終了させたければ、その隣にある『DISABLE』ボタンをクリックします。これは、クライアントさんとサイトの表示を確認する際に、とても便利な機能ですね。

 

ローカル環境から本番環境への移行については、後日公開予定です。しばらくお待ちください。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる