現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

Photoshopで簡単!!画像に枠線を作る方法

「画像に枠線を作りたい。だけど、どうやって作ればいいの?」

そんなあなたに、Photoshop を使ってできる簡単な方法をご紹介します。

枠線の作成方法

最初に完成図をお見せします

Crayon Syntax Highlighter

このように、画像の一部を赤枠で囲む作業をしていきたいと思います。

1. 新規レイヤーを作成する

使用する画像の上に新規レイヤーを作成します。

Photoshopの画面

2. 囲みたいところを長方形選択ツールで囲む

Photoshopの画面

3.『Command(Mac) / Ctrl(Win)+Delete』で塗りつぶす

後で削除するので、色は何色でも構いません。

Photoshopの画面

4. レイヤースタイルを開く

上の画像( )の水色の枠で囲んだ部分(黒く塗りつぶしたところ)をクリックします。そして、右クリックして『レイヤースタイル』を開きます。

Photoshopの画面

① の『境界線』に を入れ、② のカラーをクリックします。

5. カラーコードを入力する

Photoshopの画面

① に枠線で使用したいカラーコードを入力したら、② のOKをクリックします。

6. サイズ・位置を調整する

Photoshopの画面

① の『構造』のサイズ位置などをお好みに合わせて調整してください。プレビュー画面で確認し、良ければ ② のOKをクリックします。

7.『塗り』の数値を0%にする

Photoshopの画面

 

下の画像( )のように最初に塗りつぶした黒の部分が消えて、赤枠だけが残ります。

Photoshopの画面

8. サイズ・位置の最終調整をする

Photoshopの画面

移動ツールに持ち替えると、位置やサイズの調整ができます。

まとめ

ブログを書いていると、画像に枠線を書いて説明したい場面ってたくさんありますよね。そんな時に簡単に使える『 Photoshop で枠線を作る方法』をご紹介しました。

ぜひ、試してみてくださいね!!

なお、スクリーンショットで撮った画像を保存するときは、PNG-8 がオススメです。

関連記事

[clink url=”http://integritydesign.jp/image-processing/”]

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる