現在ホームページリニューアルに伴い、閲覧しづらい状態になっております。何卒ご了承ください。

大きな病気を抱えていても、他人のことを応援できる人

先日、Twitterでお世話になっていた方が亡くなられた。

私よりも一回り以上若い方で、闘病の末だった。

 

私はWEBデザインを学び始めてから、Twitterでそれ専用のアカウントを作った。

私よりもずっとずっと若い方の多い世界。

刺激だけはもらえたが、楽しむことはできなかった。

 

そんな中、彼は違った。

 

闘病中の彼は、病床でできることとしてコードの添削を始めた。

ひと通りのものは作れるようにはなったが、一人でやっていけるのか全く自信のなかった私。

すぐに彼の企画に飛びついた。

 

事情があり、課題の途中で1ヶ月ほど取り組めなくなってしまった。

それでも彼は首を長くして待ってくださり、課題を提出したら瞬時に添削をし、私の細かい質問にまで一つ一つ丁寧に答えてくださった。

追加でお願いした添削も、体調が思わしくない中、快く引き受けてくださった。

 

そして、私が何よりも嬉しかったのは、シングルマザーであることを理解して、親身になってアドバイスをして頂けたことだ。

会ったことのない人とのオンライン上のやり取りだと、どうしても上部だけになりがちだが、その文面からそうでないことが読み取れた。

 

案件を受けられるレベルだから、チャレンジしてみたら良い。

獲得後のフォローもするから大丈夫だよ、と。

 

その後、クラウドソーシングで初めて案件を獲得することができた。

 

だがその翌日、奈落の底に突き落とされる事が起き、仕事どころではなくなってしまう。

息をするのも辛い状況が今現在も続いているし、これから先もずっと続く・・・

 

でもね、Yさんのように大きな病気を抱えていても、他人のことを応援できる人がいる。

 

それは、Yさんが教えてくれた一番大切なこと。

私も頑張って生きていきます。

 

Yさん、本当にありがとう!!

そしてお疲れ様でした。

 

華子

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる